時効の援用で借金がチャラに!?知っておきたい基礎知識

HOME>人気記事>時効の援用が適用される条件とは?知って得する情報

時効の援用が適用される条件とは?知って得する情報

男性

借金は一生減らない?

借金がある場合、通常は返済期間内にお金を返すのが決まりです。しかし、高すぎる利息のせいで支払いが終わらなかったり増えてしまったりなどの問題が発生します。こうなると、返済を続けることが不可能となります。この場合は、自己破産、もしくは時効の援用や個人再生を利用して借金を減額あるいは帳消しすることができます。

相談

手続きにかかる費用

時効の援用にかかる費用は依頼先によって異なります。司法書士の場合は2万円から3万円が相場で、行政書士だと2万円前後で手続きをしてくれます。弁護士の場合は、相談内容に応じて金額が左右されるため、見積もりしてみないとはっきりわかりません。

男性

プロに任せるメリット

時効の援用の場合、自身で手続きすることも可能ですが、書類作成、送付といった面倒なやり取りがあるため自己破産、個人再生をする際は専門家に任せることが大半です。メリットは、必要書類を全て作成してくれること、計画案の提出を行なってくれること、あらゆるサポートが受けられるなどです。

借金がなくなるとどうなる?

天秤

無理な取り立てがなくなる

債務整理をすることで、金融業者からの取り立てがなくなります。そのため、借金取りに対する心身的ダメージが一気に減ります。借金がなくなるので、心を入れ替えて一から頑張ることも可能です。

返済額が減る

なかなか減らない借金に嫌気がさしている人も少なくありません。しかし、個人再生をすることで借金額が減り、負担もかなり少なくなります。また、返済計画もしっかり立てられるので、今後借金返済に関する事で頭を痛めないでしょう。

普通の生活が送れる

最終手段として使われやすい自己破産ですが、借金の支払い義務がなくなる、ある程度の財産を手元に残せる等のメリットがあります。全て失うイメージですが、自己破産後も普通の生活が送れるため、決してデメリットだけではありません。