個人再生の費用には裁判所に支払う費用も含む|内訳を確認

>レポート>個人再生を考えるときに心配な費用【具体的に調べて安心】

個人再生を考えるときに心配な費用【具体的に調べて安心】

紙幣

特徴を知る

個人再生とは、債務整理の一種になりますがこれをするためにはまず弁護士に相談する費用が必要になります。ただ最近は、法律事務所が乱立しており競争が激しいことから相談に関しては無料で行っているところもありますのでそのような法律事務所を見つけてみましょう。次に着手金が必要になりますが、着手金の費用は平均的に30万円から45万円ぐらいになっているのが特徴です。それ以外にも裁判所に支払わなければならないお金があり、それがおよそ25万円程度になります。内訳は、個人再生役員に対する報酬と、申し立て料さらには予納金になります。このように基本的に個人再生の場合は、弁護士だけで解決できるものではなく裁判所が必ず勧誘しますので大きく分けて2種類の費用がかかると考えて間違いありません。

男性

どのようなメリットか

個人再生の費用を見たときに、決して安くはないと感じる人は多いかもしれませんがこの費用を支払ったためにいくつかのメリットを受けることができます。まず個人再生をする場合には100万円以上の借金があることがほとんどですが、個人再生により借金の返済費用が大きく減少します。ふつうは今まで返済しようとしていた額の5分の1まで減少することになるため大幅に負担が減ることがわかります。これにより返済が一気に楽になり、毎月の負担額も少なくなるため手続きをする前は返済できないと感じた人でも返済しやすくなるでしょう。もう一つのメリットは、返済期間が長くなることです。3年以上かけて返済することも多く、これによっても毎月の負担費用が減少することがわかります。